薬剤師が教える転職. 薬剤師で転職をお考えの方に

薬剤師が、人間関係で転職を決意した時に注意するべき点をまとめてみた。

薬剤師が、人間関係で転職を決意した時に注意するべき点をまとめてみた。

 

職場の人間関係で悩むと
本当に転職したくなります。

 

 

仕事がイヤ!というよりも
仕事に絡んでくる上司とか同僚が
イヤだ!ということもありえます。

 

 

あなたは如何ですか?

 

 

 

私は、製薬会社から調剤まで
人間関係に恵まれていたと思っています。

 

 

ただ、つい先日まで働いていた
ドラッグストアでは
年配の薬剤師さんに悩まされていました。

 

 

 

 

自分のことは棚に上げて
批判ばかりされると
なかなか厳しいものがあります。

 

 

上司に相談しても、人手不足の中
その薬剤師さんに辞められると困るので
双方の意見を聴いて
どちらの言い分も認めるしかないとか、言われて、
一方的にやられていても
我慢するしかない日々を過ごしていました。

 

 

所詮、人を変えることはできない、
まして、もうかなりの年配の方だったので
もう凝り固まっているというか、笑

 

 

 

自分は何もしなくても
文句ばかり言われたので
ムカついて反論したこともあります。

 

 

しかし、それが火に油を注いだりとか、笑

 

 

 

プライドもずたずたにされて
もうどうしようかなと思った時、
ふと自分にも原因がないか、
考えてみました。

 

 

そして、反論した自分にも
少し非があることにも気づきました。

 

 

上司や店の幹部の方とも話し合い
少しずつ和解。

 

 

結局最後には仲直りしましたけど、
まあしんどかったですね。

 

 

 

結果として、その年配薬剤師さんの件とは
別に、一身上の都合で
転職することになりました

 

(その時はリクナビ薬剤師さんと
 ファルマスタッフさんにお世話になりました)。

 

 

 

 

 

案外、人間関係で転職する人は多いようですね。

 

 

なんせ終始顔を合わす訳だから
人間関係は最重要事項となります。

 

 

職場がぎくしゃくすると
仕事までぎくしゃくするというか、
本当に気を使いすぎると、しんどくなりますよね。

 

 

薬剤師の仕事といっても
調剤薬局とドラッグストアでは
行う業務は少し違いますけど、
薬剤師の仕事に大きな違いはないですよね。

 

 

仕事がイヤというより、
毎日顔を合わす上司が嫌とか
先輩に文句ばかり言われてうざい、とか
そういう理由で、転職を考える人も
多いようで、ほんとよく分かります。

 

 

所変われば、で職場が変わると
自分の精神状態もがらりと変わるというか。

 

 

仕事より、内部の人間関係に気をとられると
一番大事な患者さんへの気遣いが
できなくなります。

 

 

これは怖い。

 

 

だから、あなたが今の職場で
不満に思う、人間関係で悩んでいるなら
まず、直近の上司なり先輩に
相談してみるといいでしょう。

 

 

もしそういう人がいないなら
私に相談してくれてもいいです。

 

 

また転職サイトに登録して
今の現状をコンサルタントさんに
相談してもいいでしょう。

 

 

 

但し、気をつけなければいけないのは、
転職すると、今の悩みの種に
なっている人間関係とはおさえばできますけど、
また新たに人間関係が生まれます。

 

 

前回と同じような、嫌な人がいないとも
限らないので、転職する際には
十分吟味する必要がありますよね。

 

 

 

たとえば、休みがとりにくいとか、
人手不足とか、激務の薬局やドラッグストアは
自然と人間関係も劣悪になるので
注意が必要です。

 

 

コンサルタントさんにその辺りは
しっかりヒアリングしてもらうことが
大事です。

 

 

 

紹介してくれる薬局の雰囲気とか
人間関係は、コンサルタントさんに
やんわりと伝わっていることもあるので
しっかり確認しておくこと!

 

 

 

間違っても、年収とか時給などの
条件だけで決めないことです。

 

 

 

また、今人間関係のこじれで悩んでいて
転職してからも、人間関係でこじれるのが
怖いのなら、一人薬剤師さんを
募集している店もあるので
それを紹介会社のコンサルタントさんに
伝えておくとよいでしょう。

 

 

 

地方など、そもそも薬剤師さんが少ない
職場では、薬剤師さんに辞められる
と困るので、
重宝されるケースもあると聞きます。

 

 

 

 

また、調剤薬局やドラッグストアでは
どうしても薬剤師の派閥というか
微妙な人間関係が生じるケースが
出てくることもあるので
企業の管理薬剤師を狙うのも一手です。

 

 

 

私も経験がありますが
薬剤師さんが営業所に一人で
重宝される上に
何かあっても、企業なので
他の営業所に転勤とか
なんらかの手立てを打ってくれます。

 

 

 

間違っても、オススメしないのは
個人経営で、異動がない薬局とか
常時薬剤師募集をかけている店舗。

 

 

個人経営の場合、人間関係がこじれても
辞めにくい上に、異動もないので
我慢して留まらざるを得ない場合があります。

 

 

 

また、常時募集をかけている薬局
=薬剤師が入ってもすぐに辞めていく、
という、笑えない構図が出来がっている
店舗もあり、こういった募集には
注意が必要です。

 

 

いずれにせよ、紹介会社のコンサルタントさんに、現状を説明して
今のあなたの要望をしっかりお伝えすることが肝要です。

 

 

・人間関係で悩んだら、身近な上司や先輩に真剣に相談する。

 

・相談相手がいない場合は、私オザキか、紹介会社のコンサルさんに相談する。

 

・人を変えることはできないので、あなたが変わる必要がある。

 

・転職しても人間関係が心配な場合は、一人薬剤師の募集店舗を探す。

 

・転職しても人間関係が心配な場合は、地方で薬剤師さんを重宝してくれる薬局を探す。

 

・転職しても人間関係が心配な場合は、異動のある、企業の管理薬剤師を探す。

 

 

 

 

 

あなたの成功を心よりお祈りしております。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ