薬剤師が教える転職. 薬剤師で転職をお考えの方に

転職することで、あなたの幸福度がマックスになる方法

転職することで、あなたの幸福度がマックスになる方法

 

転職すると、幸せになります。

 

 

逆に幸せにならない転職なら
するべきではありません。

 

 

今の仕事場で恵まれていないと

思うのなら、まずは
今の仕事場で、あなたができることを


精いっぱいやってみましょう。

 

 

 

それでも、しんどかったり、
給与面で恵まれてなかったり、
或いは悩みがあるのなら
転職を考えてもいいと思います。

 

 

 

もちろん、安易な気持ちで
転職を考える人はほとんどいません。

 

 

 

何か悩みがあるから環境を変える、と
いうことは、選択としては
間違っていません。

 

 

 

気をつけて欲しいのは
環境さえ変えれば、
幸せになると勘違いすること。

 

 

 

今あなたを悩ませている原因に
もし、労働時間や人手不足があるのなら
人員が不足していて
あなたに負荷がかかっている事実を
上司や会社にしっかりと
話しておくべきです。

 

 

 

 

 

 

それでも、会社が動いてくれない、
上司があまり真剣に相談に乗ってくれない
のなら、今後もあなたの負担は
続く可能性があります。

 

 

 

 

よりよい環境に場所を変えるのも
一つの方法です。

 

 

 

まずは、複数の転職サイトに登録して
転職コンサルタントに
あなたの置かれた状況を全て
話しておきます。

 

 

そして、今後どうしたいか、
どういう職場に転職したいかを
具体的に話しておきます。

 

 

 

あなたの相談を受けた転職コンサルタントは
あなたの要望に応じた
転職先を数社ピックアップしてくれます。

 

 

 

気をつけたいのは
条件面と待遇、福利厚生など。

 

 

 

例えば、環境や通勤面では
申し分ないけど、
今より給与が下がる場合。

 

 

 

安易に妥協せず、
転職コンサルタントを通じて
給与を上げてもらう努力はするべきです。

 

 

 

この時大事なのは、

あなたの職務経歴書に
あなたが今までこなしてきた


業務を事細かく記載することです。

 

 

あなたが即戦力になると感じたら
給与を少しでも上げてくれると
思います。

 

 

 

 

 

 

薬局も、ただ普通のその他大勢の
薬剤師ではなく、
マネジメントまでこなせる薬剤師、
将来、会社を担ってくれる薬剤師を
探しています。

 

 

 

普通の現場薬剤師として応募すれば
普通の薬剤師の給与しか提示してくれません。

 

 

 

もし仮に、あなたに実務経験以外に
今あなたがマネジメントや
何か他にこなしてきた業務があれば
積極的に職務経歴書に書いておきます。

 

 

 

 

また、調剤薬局やドラッグストアでも
やはり売上や利益を上げることが
大前提なのです。

 

 

 

数字を上げる、粗利益(ジェネリックや
PBなど)をとれる薬剤師なら
相手の経営陣も
あなたのことを絶対に欲しい薬剤師と
定義します。

 

 

 

そうなると、あなたの評価が上がって給与など待遇面が
その他大勢の薬剤師と違ったものになります。

 

 

 

 

 

上記はあくまで一例です。

 

 

 

要は、あなたの今こなしている業務や
作業がいかにこの先の
あなたのステップアップに
寄与するのか、を日々意識して
仕事に取り組むのか。

 

 

 

今の職場でも、転職先でも
あなたの評価を上げることで
あなたが幸せになることは
変わりません。

 

 

あなたが転職をして
環境を変えることで
肉体的・精神的に楽になることも
大事です。

 

 


そして、

転職することで
あなた自身のランクが上がること、


経済的にも豊かになること。

 

 

それが肝要です。

 

 

 

あなた自身が、今より
ステップアップして
幸せになることが転職の最大目標だと
考えます。

 

 

 

幸せな転職をしてくださいね。

 

 

(スポンサードリンク)

 

幸せな転職をする為に・・

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ