薬剤師が教える転職. 薬剤師で転職をお考えの方に

管理人プロフィール

管理人プロフィール

(薬剤師オザキのプロフィール)

 

 

 

私は新卒で約14年
東証一部上場の製薬会社で
営業や商品企画などに携わってきました。

 

 

思うところあって、

 

製薬会社にいたら、
あまり薬剤師であることに意味はなく、
これでは免許を活かすことはできないと
考えたので、思いきって退職しました。

 

 

営業成績は良かったし、結構有名な会社だったので、
周囲からは、辞めることに猛反対されました(笑)。

 

 

製薬会社の時は仕事は激務でしたが
営業は好きで
辞める時の年収は約1,000万円。

 

 

 

しかし、このまま会社に残っても、ずっと営業だろうなあ〜
などと考えていましたし、
「薬事とか他の部署に異動させて欲しい!」
とアピールしても、
「いや、お前は営業に必要な人間だから!」と言われ、
これからの会社人生は、
定年までもう道が定まっていたというか(笑)。

 

 

 

結論からいうと

 

「せっかくとった薬剤師の資格は活かしたい!」
と思ったのです。

 

が・・・   

 

しかし、ここには大きな落とし穴が・・・

 

 

 

飛び出て分かったのですが、給与面で長年勤務した製薬会社を
薬剤師の資格だけで飛び越えるには、
よほど上の役職に就くか、
もしくは、自分がオーナーとして経営するか、
でないと難しいのです。

 

 

 

私ごとで恐縮ですが、辞める時、
製薬会社の社長まで止めてくれました。
「薬剤師いうても、自分で処方箋かける訳でもなし」
などと言われ、
最後は「オザキは、サラリーマン向いてへんかもしれんなあ〜」
などと言われました(笑)。

 

 

まだまだ、日本では薬剤師の地位が低い?!
とその時思いましたけど。

 

 

・・なんやかんやで、製薬会社を辞めて、
いよいよ薬剤師としての道を歩むことになったのですが・・。

 

 

 

まあ、薬剤師としての実力を試したかったんでしょうね〜

 

周囲の反対を押しきり、退職。

 

 

未だにCEOには帰ってこい!

 

と言われているのですが・・・

 

 

(調剤薬局やGMS管理薬剤師を経験)

 

 

 

製薬会社を退職した後、実家にハガキが来ていたので
安易に近くの調剤薬局に勤務しました。

 

 

 

 

年収は製薬会社時代に比べて
かなり激減しましたが、
薬剤師としての修行ができると意気込んでました!

 

 

しかし、実態は・・・

 

 

 

下っ端で私以外全員女性の中、一生懸命やっていましたが、
当時の管理者から徹底的に
いびられて、笑

 

 

数か月で転職・・

 

その後、3ヶ月ほどぷらぷらしていましたが、
家庭もあります。

 

 

そろそろ働かないといけない、ということで
これまた家から近場のショッピングセンターへ。

 

その中にいらっしゃった年配の男性薬剤師さんが
薬店レジで、ぼーっとされていたので
「ここは楽そうだな〜」と思い、
その年配薬剤師さんと話をしました。

 

 

ノルマもないし、薬剤師も積極的に募集していると
いうことで、とにかくはよ働かないと!と思っていたので
その会社の面接にわざわざ東京まで出向きました。

 

薬剤師不足のあおりもあり、即採用が決まりました。

 

で、その近場のショッピングセンターの薬店に
勤務することになったのです。

 

 

 

(GMS管理薬剤師時代)

 

 

 

GMSドラッグ時代は、OTC医薬品メインで、
仕事は楽でした。

 

しかし、休みは完全にシフト制で、
土日祝日や盆、正月やGWは人並みに休みがとれません。

 

 

 

仕事自体が、数字を上げればよく、
またメーカー主体の販売コンクールもあり、
全国でもトップクラスの成績を上げ、
よく表彰されました。

 

 

 

全国のトップクラスで名前がよく出ていたので、
それが認められ、管理薬剤師(ショップマスター)に
昇進。

 

しかし、ここでも色々ありまして、笑

 

 

マネージャー手当つくから、
今までの特赦は全てなしになると言う、笑笑

 

 

そのくせ、人手が慢性的に不足しており、
激務の毎日。

 

 

年収は700万円を超えていましたが、
休みが不定期で、相変わらず人が休みの時は自分は仕事。

 

 

ああ〜製薬会社時代が懐かしい、、

 

と思ってもんもんとしていたある日。

 

 

ネットで「転職サイト」なるものに登録してみようか、と。

 

以前から気になっていましたが、
実際、簡単に登録できるし、無料で相談できるし、
気軽な気持ちで、複数サイトに登録しました。

 

 

 

(ついに転職サイトに登録してお仕事探し)

 

 

 

 

 

転職サイトに登録して、転職コンサルタントさんに相談しました。

 

「今の仕事場は、
薬剤師さんの扱いが不慣れですね」みたいなことを
言われました。

 

 

結局、その時は、年収を変えずに大手の調剤薬局に転職しました。

 

 

 

ただ、当時妻が独立して会社をやることになり、
その手伝いの為に退職。

 

 

 

しばらく、妻の会社の手伝いをしていましたが、
薬剤師に復帰するにあたり、
再び薬剤師転職サイトに登録。

 

 

 

転職サイトのコンサルタントさんはこちらの要望を親身になって、
聞いてくれて、熱心に転職先を探してくださいました。

 

 

まずは久々の勤務だったので、
パートで勤務することにしました。

 

 

しかし、パートといっても、
管理薬剤師のポストだったので、
時給3,000円で、休みも自分の希望通り頂きました。

 

 

しかし、ヒマなお店で、その店が閉店するにあたり、
正社員として働きたいと思い、
この時にも転職サイトのお世話になりました。

 

 

企業の管理薬剤師で、年収はともかく、
土日祝日休みのところを希望しました。

 

 

転職サイトのコンサルタントさんが
見つけてくださり、面接。

 

 

アフターフォローもばっちりで、無事採用されました。

 

 

 

 

ホントに転職サイト様様!でした。

 

 

 

 

 

現在は、そこの企業で、管理薬剤師として、一から
ドラッグストアを立ち上げ、店長もさせて頂く傍ら、
転職や営業で悩んでいる薬剤師さんや営業マンの
相談もさせて頂いております。

 

 

 

(薬剤師コイモの素顔)

 

現役の薬剤師。メーカーに10年以上勤務した後、

 

 

調剤薬局を経て、  

 

現在ドラッグストアで

 

 

OTC医薬品の販売と、店舗企画運営に

 

 

日々取り組む。

 

 

 

転職サイトが、キャリアアップに大いに役に立つ。

 

 

 

営業では輝かしい成績を残し、

 

 

現在も薬の知識を発揮して、

 

 

数々の販売コンクールでトップの実績を保つ。

 

 

 

口は達者だが、

 

 

手先が不器用な、
薬剤師らしくない
薬剤師である。

 

 

薬剤師転職サイトの知り合いも多く、
色々昨今の転職事情をレクチャーされる毎日。

 

 

 

 

 

 

 

(転職をお考えのあなたへ)

 

 

転職サイトの恩恵を預かるが、

 

本当に大事なのは、「自分の気持ち」

 

 

本気で転職を考えているのなら、

 

本気で行動しないといけない!

 

これが信条です。

 

自分を幸せにするのは自分しかいませんよね。

 

 

別に転職サイトに登録するのが、
最も大事なのではなくて、他にも道はあります。

 

 

もし、転職をお考えなら、一つの手段として、

 

転職サイトに相談されることをお薦めします!

 

 

 

転職をするのは勇気がいりますが、

 

案外簡単にできます。薬剤師なら。

 

 

少しでも条件のいいところがあるのなら、

 

思いきって転職されることを お薦めします。

 

 

(薬剤師コイモ)

 

趣味は映画を観ること、合気道

 

 

 

株式会社NEO創業者

 

 

大阪府柏原市在住

 

ホーム RSS購読 サイトマップ