薬剤師が教える転職. 薬剤師で転職をお考えの方に

失敗しない薬剤師転職成功方法

失敗しない薬剤師転職成功方法

 

製薬会社に10年間以上勤務した後、薬局に転職しました。

 

 

その際に、いろいろな転職サイトにお世話になりました。

 

 

      

 

 

 

ここでは、薬剤師の視点からみて、もっとも効率よく転職したい、
あなたのため!に薬剤師転職の際、
失敗する方の特徴を分析してみました。

 

 

 

 

転職サイトに登録するメリットをあげると、下記があげられます。

 

 

 

@無料で利用できる。

 

A転職にかける時間が節約できる。

 

B自分で探せば、労力もかかるが、それも割愛できる。

 

C給与や待遇面で、今よりいい職場に出会える。

 

D他の人が知らないような、非公開求人を見つけることができる。

 

E自分のスキルを磨けるような、今までと違う仕事にも転職可能。

 

F色々な情報が入手でき、それらを安心して利用できる。

 

G面接に臨む際に、心強い味方ができる etc

 

 

 

     

 

 

 

 

「薬剤師転職」にあたって、最も大事なことは、あなたの年齢がいくつで
どれくらいの職務経歴があって、どういうビジョンを持って
転職をするのか、ということです。

 

 

 

未経験であることは、多少の不利にはなりますが、薬剤師の場合は、
あまり関係ないと思います。

 

 

 

しかし、今後は門戸が狭くなることが予想されます。

 

 

(私も転職しました!)

 

 

 

今でこそ、こんなサイト作ってますけど、

 

製薬会社から、調剤薬局に転職した時、大失敗しました。

 

 

     

 

 

 

ほんと、よく調べないで、自宅に来たハガキの耳触りだけを

 

信じて(?)、簡単に転職しました。

 

 

 

もっと転職サイトとかに登録して吟味するべきだったのに、

 

新聞の折り込みチラシとか、自宅に届いたチラシだけを

 

うのみにして信じ込み、入った後で「こんなはずじゃなかった」

 

「こんなんだったら、転職なんかしなければよかった」と

 

大後悔したことがあります。

 

 

 

薬剤師転職で失敗する方の特徴(1)

 

 

<新聞の折り込みや転職情報誌の条件だけで面接を申し込む>

 

 

 

結局、そのあわない薬局は、4か月足らずで辞めました。

 

 

 

   

 

 

そのあと、プラプラしていましたが、

 

今度も店頭で暇そうにしている、あるGMS系の薬剤師に

 

話しをきいたところ、

 

「社員じゃなくて、パートで入った方がいいよ」

 

と言われました。

 

 

 

でも、それを無視して入ると、またまた自分の思っていた世界とは

 

かけ離れていた・・

 

 

 

 

 

 

薬剤師転職で失敗する方の特徴(2)

 

 

<よく知っている人、第3者のアドバイスを無視する>

 

 

私はなぜ失敗したのか。

 

ひとつにやはりリサーチ不足だったと思います。

 

 

 

製薬の友人たちからは、「なんでもっとしっかり調べなかったんや」 と

 

言われました。

 

 

 

雇う方は、ほんとうに耳触りいいこといいます。 

 

 

 

  

 

 

 

だって自分とこの欠点なんて、何も言わないですよ、そりゃ。

 

雇う方も必死なんですよ。

 

 

 

ただでさえ、薬剤師がなかなか入ってくれないんですから。

 

 

 

入れば、雇う方からみればこっちのもんですよ。

 

 

 

釣った魚にえさやらない。現実にあるかもしれませんよ。

 

 

 

 

薬剤師転職で失敗する方の特徴(3)

 

 

<リサーチ、情報不足である>

 

 

客観的に見てくれる、転職サイトとかに登録して、
コンサルとか、コーディネーターと話しをしっかりしておけば
よかったと後悔しましたよ。

 

 

 

自分の希望を伝えておいて、もし、
ああこの人にあわないなあ〜、 と判断された薬局は紹介されません。

 

 

 

第三者が入って、色々面接して、それでも落ちたり、
あるいはこちらから断ることがあれば、それはそこ、元々縁がなかった、
と諦めもつくでしょうが、

 

「私のように、転職サイトも登録せず、

 

自分の判断で、相手の懐に飛びこむと、後で自分の履歴書の勤め先が

 

1件増えるだけになります」

 

 

 

そんな失敗をしたくない薬剤師さんは、まず、無料で、安心できる
 転職サイトに登録するべきだと考えます。

 

 

         

 

 

薬剤師転職で失敗する方の特徴(4)

 

 

<転職サイト(無料)に登録しない>

 

 

 

私は本当に自分の直感だけを頼りに、

 

言い方を変えると、何も考えずに転職を繰り返しました。

 

 

 

将来のビジョンというものがありませんでした。

 

 

 

だから、目につく求人でよさそうなところを 選びましたが、

 

結局行きあたりばったりでは

 

失敗する、ということを身を持って体験しました。

 

 

 

 

 

薬剤師転職で失敗する方の特徴(5)

 

<将来のビジョンがない>

 

 

 

 

調剤薬局や病院も皆同じような感じに見えます。

 

 

 

在宅もやります、可能なら何でもやります。

 

薬局も必死に 生き残りをかけています。

 

 

 

ドラッグストアも同様です。

 

 

もちろん、薬剤師の供給が少ない地方は狙い目です。

 

 

 

但し、どんな環境におかれても、生き残っていく術を
我々は身につけないと いけません。

 

 

 

当然、転職についても、妥協は許さない姿勢は大事ですね。

 

 

 

    

 

 

 

只、妥協したくない、失敗したくないのなら、
あらゆる方面から資料を集め、分析することです。

 

 

 

しかし、自分でやるのは限界があります。

 

だから転職サイトを徹底的に使う必要があるのです。

 

 

 

 

 

薬剤師転職で失敗する方の特徴(6)

 

 

<登録しただけで終わる、更新しない。徹底して利用しない>

 

 

 

さて、自分が気にいった転職サイトを2、3ピックアップして 登録してみます。

 

 

 

登録したら、早速、そのサイトのコンサルから連絡が入ります。

 

 

 

コンサルは、あなたの履歴、職務経歴、
そして今後の展望を知るために色々と質問を投げかけます。

 

 

 

そこで、履歴書と現在までの職務経歴を用意して、
メールで送るか、 持参します。

 

 

 

 

 

コンサルタントによっては、面談を望まれるところもあります。

 

面談することで、あなたの人となりを、コンサルも知りたいのです。

 

 

          

 

 

 

 

面談で、自分の希望(給与、休み、勤務地、やりたいこと等々)を
細かく伝えておきます。

 

 

 

 

 

かなり細かいところまで伝えておくと、
あなたにぴったりの、非公開求人を紹介してくれます。

 

 

 

オープンになっていて、魅力的な求人だと、
応募が殺到して、競争も激しくなりますが、

 

非公開求人だと、あなたの為に、あなただけの求人を

 

紹介してくれます。

 

 

            

 

 

 

これは、転職サイトに登録する、最大のメリットだと言えるでしょう。

 

 

 

薬剤師転職で失敗する方の特徴(7)

 

 

 

 <非公開求人を狙わない、相手にしない>

 

 

気をつけるべきなのは、あなたの経験年数ですね。

 

 

 

今は未経験でも可!となっていますが、
6年制の新薬剤師が毎年どんどん量産されれば、
旧薬剤師である、我々はどんどん肩身が狭くなりますね。

 

 

 

経営陣からみれば、
同じ未経験者なら、給与が少しでも安くて、
将来性のある薬剤師が欲しがるのは当然でしょう。

 

 

 

ずばり、調剤や病院なら、経験、薬剤師としての指導歴、在宅医療の有無

 

認定薬剤師を狙う、そして何よりやる気!などが

 

今後転職においては問われると思います。

 

 

 

今なら未経験や、経験薄でも、まだ間に合うと思われます。

 

 

     

 

 

 

 

薬剤師転職で失敗する方の特徴(8)

 

 

<のほほんとしていて、何も考えていない。
時の流れるままに身を任せる>

 

 

 

いつやるの?今でしょ!じゃですけど、

 

 

 

もし転職を考えて、あなたが20代でなければ、

 

今アグレッシブに動くべきだと考えます。

 

時は刻一刻と変化しています。

 

 

 

さあ転職しようと思った時、
既に需要がなく、20代の若者が転職にチャレンジして、
年配の方には職場すら用意されていないかもしれません。

 

 

 

      

 

 

 

若者にできない武器を持つ。薬剤師+αを持つのは、
今や常識です。

 

 

優位に立つには、6年制卒業薬剤師を凌駕できる、何か、をあなたが
持つべきなのです。

 

 

 

薬剤師転職で失敗する方の特徴(9)

 

<薬剤師として、ビジネスマンとして、勉強していない>

 

 

 

 

そして、とにかく行動!することです。 

 

 

 

失敗しても、まず行動することだと思います。

 

 

 

 

 

薬剤師転職で失敗する方の特徴(10)

 

 <失敗を恐れて行動しない>

 

 

 

行動すれば、明日は開けます。

 

まず、自分を徹底的に棚卸ししましょう。

 

 

 

そして、自分のやりたいことが明確になったら、
サイトに登録して、
アドバイザーであるコンサルタントと 徹底的に話しあいましょう!

 

 

 

          

 

 

妥協しないことで、あなたの未来が開きます。

 

 

 

あなた自身の為に、一度気張ってみませんか?

 

 

私も応援しています!

 

 

何かあれば、メールください!

 

 

お問い合わせはこちらから

 

 


*個人情報は厳守させて頂きます。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ