面接ポイント

面接で心得るポイント

面接で心得るポイント

 

面接で気をつけることは何か?

 

 

面接で心得るポイント

 

面接官にもキーマンがいます。

 

薬剤師の面接だと、薬剤師と、たとえば
店長とか、その会社の人事担当者ですが、
その薬局に入った時、一緒に働くのは、
薬剤師です。

 

もちろん、人事担当者の方や店長も大事ですが、
面接官として、面接をする薬剤師は、
将来、あなたのパートナーになる可能性もあるのです。

 

 

その薬剤師が、あなたと一緒に働きたいと思った時点で
ほぼ合格が決まるでしょう。

 

もちろん、絶対ではありません。

 

その企業(薬局)が求めるものと、あなたの経験など諸条件が
合致すれば、の話ですが。

 

 

少なくとも、あなたの評価は、人事担当者以上に
薬剤師が握っていることを肝に銘じておきましょう。

 

 

調剤薬局の面接で求められること

 

 

面接で心得るポイント
もし、あなたが調剤未経験でも、未経験可、とうたっている
薬局ならば、問題ないと思われます。

 

 

ここでも、あなたの人間性が問われます。

 

よほど、人格的に問題ない限り、あるいは、面接で初歩的なミスを
しない限り、薬剤師不足で悩む、薬局はあなたを採用すると
思います。

 

 

ここでもキーになるのは、「あなたを職場にむかえた時、
はたしてどうか?」を面接官は考えます。

 

 

たとえば、あなたが、今の職場に不満を抱いていて、
職場の悪口をえんえん話し続ければどうでしょうか?

 

 

口には出さなくても、「この人は、もしうちに来ても
こうやって悪口や陰口をたたいて、職場の環境を
乱すのではないか」と面接官は考えるかもしれません。

 

 

薬剤師としての才能は勿論、大事かもしれません。

 

しかし、それ以前に、人当たりや馴染みやすさは大事です。

 

 

特に薬剤師が面接官の場合、「この人が同じ職場に
やってきたら、一緒に仲良くやっていけるだろうか?」
を絶対に考えます。

 

そういった視点で面接を受けるべきです。

 

薬剤師の場合、スキルとか、そういったものはある程度
後からでも鍛えなおすことができると考えます。

 

むしろ、面接では、その人となりとか、礼儀などを
重視します。

 

薬剤師といえども、ある程度は、接客をしないと
いけないので、やはり挨拶など最低限のマナーが
大事なのは言うまでもありません。

 

面接では、礼儀や挨拶、面接官への気遣いがしっかりできれば
かなりポイントが高いと考えます。

 

逆に遅刻してしまったとか、受け答えができないとか、
そういったところで落とすことが多いので、
基本的なマナーには気をつけましょう。

 

 

薬剤師不足で悩んでいる薬局はまだまだ多いので、
あなたの真摯な姿勢が伝われば、合格の可能性は
ぐっと高まるでしょう。

 

頑張ってください!

 

関連ページ

すごく大事な退職理由
現役の薬剤師が、自分の経験から好条件転職を指南します。 薬剤師高収入・好条件転職サイトをご紹介。 あなたの転職を本気でサポートします。
転職サイトに登録したら
現役の薬剤師が、自分の経験から好条件転職を指南します。 薬剤師高収入・好条件転職サイトをご紹介。 あなたの転職を本気でサポートします。
パートと社員、どちらで働く?
現役の薬剤師が、自分の経験から好条件転職を指南します。 薬剤師高収入・好条件転職サイトをご紹介。 あなたの転職を本気でサポートします。
転職希望条件を紙に書き出すこと!
現役の薬剤師が、自分の経験から好条件転職を指南します。 薬剤師高収入・好条件転職サイトをご紹介。 あなたの転職を本気でサポートします。
人間関係を良好にするために
現役の薬剤師が、自分の経験から好条件転職を指南します。 薬剤師高収入・好条件転職サイトをご紹介。 あなたの転職を本気でサポートします。

ホーム RSS購読 サイトマップ