薬剤師が教える転職. 薬剤師で転職をお考えの方に

GMS系スーパーを選ぶメリット・デメリット

GMS系スーパーを選ぶメリット・デメリット

 

年中無休が当たり前の時代になった、

 

スーパーマーケット。

 

 

 

まあ、GMSなんて言い方をしたりもします。

 

 

 

 

 

ドラッグストア同様、シフト制なので、休みは
決まっていても、
なかなか繁忙期には休みがとりにくいのは事実ですね。

 

 

 

土日祝日は勿論、盆やお正月、ゴールデンウィークなんかも
自分の休みのみ休めるだけで、
特別に連休がとれたりすることはありません。

 

 

 

特に社員になると、かなりの確率で休みはとりにくくなります。

 

 

 

時給が高いのなら、パート薬剤師として働く方がオススメですね。

 

 

 

スーパーなどの場合、薬局だけではないので、
その会社の他部門応援とかも稀にあります。

 

 

 

会社にもよりますが、
平気で、たとえばレジ応援とか、販売応援など
以前はさせられていました。

 

 

 

さすがに今はあまりないと思いますけどね。

 

 

 

また、スーパーなどでは、
薬剤師の上司に薬剤師ではない人がつく場合も多くあります。

 

 

 

多少時給が高くても、
スーパーを避ける薬剤師は多いので、
常に人員不足。

 

 

 

だから、たとえば、1人薬剤師で
1日乗りきらないといけないこともあります
(経験者語る)。

 

 

 

自由度はいろんな意味で厳しくなります。

 

 

 

例えば、
薬剤師が昼食をとるために、不在になります。

 

 

 

となると、当然看板とか出して、
「只今、薬剤師不在のため、
第一類医薬品は売れません」などと店頭表示する訳ですが、

 

 

 

購入するお客様にとっては、そんなの関係ない話し。

 

 

 

どうしても、その商品が欲しい!となると、
大抵は、断るのではなく、
呼び出されます!!

 

 

 

「どうしてもお客様が欲しいとおっしゃるので」などと、
食堂に電話がかかってきます。

 

 

 

お客様の申し出だから、断れないので、食べている途中に、
売り場に降りることもあります(ケースバイケースで)。

 

 

 

 

 

 

食堂から、売り場まで結構距離のある店が多いですね。

 

 

 

対応完了して、さあ、食べようと続きを食べ始めると、
また電話がなったり、笑。

 

 

 

「こういう症状のお客様ですが、どうすればいいですか?」

 

売り場の登録販売者から連絡が入ります。

 

 

 

場合によっては、また降りて説明します。

 

 

 

やれやれ、また食事の続きを・・

 

 

と思いきや、またまた電話があります。

 

 

 

「1類の医薬品が欲しいとおっしゃっています」

 

 

 

 

もう食べていたラーメンが、
汁を吸ってパスタみたいになっている(笑)。

 

 

 

薬剤師でない、他の社員の方は
ゆっくりと食事をとっていたりします。

 

 

 

勿論、店にもよりますけど、
こんなことは日常茶飯事です。

 

 

 

ちなみに、この話し、実話で私が経験したことです。

 

 

 

まだ、薬剤師1人の店なら、
休みに第一類売れません!なんて言えますが、
中途半端に薬剤師数人の店だと、
確実に社員に負担がかかります。

 

 

 

たとえば、パート薬剤師が、旅行したいので、
休みが欲しい、と言ってきました。

 

 

 

あなたは心よく、お休みをあげます。

 

 

 

しかし、他に薬剤師がいないので、
当然その負担はあなたに全部降りかかります。

 

 

 

しかも、その店は薬剤師常駐の店とうたっていた・・。

 

 

 

ということは、
下手すれば、通し(開店から閉店まで)働かないといけない・・。

 

 

 

いや、不在時は看板さえ出せばいいと思っている、
売り場のマネージャーとか
平気にいます。

 

 

 

以前、転職サイトの人が、
GMS系は薬剤師の評判がわるいと言ってました
「薬剤師の使い方がわかっていない」ってね。

 

 

そういう意味では、
調剤薬局とか、ドラッグストアの方が、まだいいでしょうね。

 

 

もちろん、GMSやお店によっても違うので
ここで書いてあることが
全てのGMSにあてはまる訳ではありません。

 

 

ただ、人数不足の店においては
上記のようなことが
十分ありえます。

 

 

 

 

ちなみに、GMS系のドラッグの中には
しんどい分、時給や年収が
調剤薬局より高かったり、
通常では、とりにくい平日の休みがとれたり、
リフレッシュ休暇をとれたりするチェーン店もあります。

 

 

 

要は、会社にもよるので
転職コンサルタントの方とよく相談して
先方の勤務状況なども
しっかり確認して、吟味するべきでしょうね。

 

 

 

もちろん、
全てにおいて、完璧な転職なんてないと思います。

 

 

 

しかし、限りなく完璧に転職を成功させたいのなら、

 

やはり転職サイトを利用するべきだと思います。

 

特に、私のように苦労したくなければ、転職サイトを利用するべきだと。

 

 

 

こんな話しは色々ありますので、また機会をみて、お話します。

 

 

薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ

 

 



 

関連ページ

調剤薬局を選ぶメリット・デメリット
現役の薬剤師が、自分の経験から好条件転職を指南します。 薬剤師高収入・好条件転職サイトをご紹介。 あなたの転職を本気でサポートします。
ドラッグストアを選ぶメリット・デメリット
現役の薬剤師が、自分の経験から好条件転職を指南します。 薬剤師高収入・好条件転職サイトをご紹介。 あなたの転職を本気でサポートします。
製薬会社を選ぶメリット・デメリット
現役の薬剤師が、自分の経験から好条件転職を指南します。 薬剤師高収入・好条件転職サイトをご紹介。 あなたの転職を本気でサポートします。
薬剤師転職で成功する秘訣
現役の薬剤師が、自分の経験から好条件転職を指南します。 薬剤師高収入・好条件転職サイトをご紹介。 あなたの転職を本気でサポートします。
薬剤師の需要はこんなところにもある
現役の薬剤師が、自分の経験から好条件転職を指南します。 薬剤師高収入・好条件転職サイトをご紹介。 あなたの転職を本気でサポートします。
薬剤師が個性を発揮できる場所とは?
現役の薬剤師が、自分の経験から好条件転職を指南します。 薬剤師高収入・好条件転職サイトをご紹介。 あなたの転職を本気でサポートします。

ホーム RSS購読 サイトマップ